ランディングページ(LP)とは

LPとはLanding Pageの略で、「ランディングページ」と読みます。

広告や検索で最初におとづれた最初のページのことを意味します。

今は、ランディングページはおとづれた人に何か行動をしてもらうために、他のリンクなどの要素を省いて読んでもらうためのページを示すことが多いです。

従って、何かを購入してもらったり、登録してもらうために用意されたページです。

HAIK(QHM)では、通常のページをランディングページに変身されせことが一発でできるようになっています。

個人やお店がインターネット上でホームページを開設する場合、私達はユーザーからのアクションをとってもらえるようにホームページを構成するようにしています。
つまり、ホームページに来て頂いた方に足跡を残してもらうのです。もっと分かり易く言うと、資料請求をしてもらうのです。
資料請求でなくてもお問い合わせや会員登録などでもいいのですが、始めから会員登録してくれることはまず無いと考えた方がいいです。

会員登録が目的であれば、その前に資料請求をしてもらうことで会員になって頂く確率は確実に上がります。

そのためには、商品やサービスの優れた点をただ伝えるだけでは読んでくれないケースが多いので、何かのきっかけで興味を持ってアクセスしてくれた方に実際に行動に移してもらえるように、ストーリー性のあるランディングページが必要となって来ています。

商品・製品に興味を持ってくれた方のほとんどは、その商品・製品やサービスが本当に自分の求めているものなのか疑いの気持ちを持っています。
その疑問や心配を取り除くためにどのような伝え方が適切でしょうか。

さらに、詳しく知らたい方は次を見ていきましょう。

LPOとは

LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、ランディングページ最適化といいます。

現在ではLPで成果を出すことが求められてきています。そこで、その効果を上げる必要性がでてきたため、ランディングページ最適化という言葉が生まれました。

成果を上げるための数値かなどが大切になってきます。

HAIK(QHM)ではクリック数の計測やABスプリットテストなどの仕組みを使って計測しています。

ランディングページ作成のこつ

 ランディングページは単なる長いページではありません。
 ストーリーを作る必要があります。行動したくなるストーリーです。

 一番大事なのは、訪問してくれた人にして欲しい一つの目的を決めることです。

  • 商品を買ってもらう
  • メールマガジンを購読してもうら
  • 資料を請求してもうら など

 さらに、目的のための最初の行動を決めることです。

 ゴールを「商品を買ってもらう。」だとします。
 すぐには、購入に至らない可能性の高い商品の場合は、
 さらに、ブレークダウンする必要があります。
 例えば、資料を請求してもうら。などです。

ランディングページの基本的なストーリー

  1. ファーストキャッチ
  2. 問題や悩み
  3. 共感
  4. 解決方法の提案
  5. 根拠の説明
  6. クロージング

1.ファーストキャッチ

 ここの役割は、次を読んでもらうことです。
 タイトルやキャッチコピーの役割は次を読んでもらうこと。これを忘れてはいけません。

2.問題や悩み

 サイトを訪問した方は、何らかの問題や悩みを抱えています。
 訪問してほしい人はどんな人でしょうか。
 どんな問題を抱えていますか。

3.共感

 結果がイメージできることが大事です。
 興味が共感へ変わるためには、問題や悩みが解決したその先に何があるかをイメージできるとより深まってきます。

4.解決方法の提案

 問題や悩みの解決にマッチしていること、問題のギャップを埋めるための提案が
 自分に向けられていることを感じでもらうことを目指します。

 反論や決断できなことを先に洗い出して、示しておくことも大事です。

5.根拠の説明

 文献の引用、雑誌や新聞の記事などから根拠となることを説明できること。
 研究データなど公的に示せる数字やお客様の声も有効です。

6.クロージング

 ここでは、申し込みのボタンを押してもらうために、

 「今すぐ、クリック」などしてほしい行動を具体的に書きます。
 迷っている人の背中を押しましょう。

 成約の理由づけをするために、限定性、希少性などがあればいいです。

参考になるページ

ネットショップ総研
http://www.netshop-soken.co.jp/lp.html

WEB Design FAN
http://www.webdesign-fan.com/lpo

Tag: マーケティング ホームページ