お客様が集まる仕組み

ホームページを活用して私ができること。

それは、集まる仕組みを自分で作れるようにお手伝いすることです。

「そもそも、ホームページとはなんですか?」

ームページとは、「目的を達成するためのツール」です。

だから「目的」をきめなければ「達成」することはありませんね。

「モノを売る」
「講座の集客をする」
「資料請求してもらう」など

さまざまな目的でホームページを作成することになります。

ちょっと、待って下さい。
パソコンが苦手な人がホームページを作成できるでしょうか。

いいホームページは、

  • 自分で更新できること。
  • 自分の思いが表現できること
  • アクションしてもらえること

と思っています。

これが簡単にできるとしたらどうですか。
誰かに頼まなくても、ホームページを更新できたり、
写真の加工も自分でできる。

文章だって、メールが書ける程度で充分見た目のいいものになる。

はじめの一歩が小さく始められるホームページだとどうでしょうか。

後は、集客のスキルを少しマスターするだけです。

次のことを少しだけ理解してスタートして下さい。

では、では、作ろうとするホームページを誰に見てほしいですか。
ここでみんな大きなミスを犯してしまうんです。

  • いろんな人に見てほしい。
  • いろんな人に買ってほしい。
  • いろんな人に来てほしい。

と、思ってしまうことです。

何が悪いのか。
ホームページを見てくれる人って、その内容に興味がある人だけなんです。

インターネットや広告では、三つの原則があります。

それは、
 1.見ない
 2.読まない
 3.行動しない。です。

興味の無い人を振り向かせることは無理な話です。

それよりも、興味がありそうな人が見てくれるような
ホームページを作った方が効果は上がるのです。

だから、いろんな人は来てくれないし、
見てくれないし、読んでくれません。

衆食堂では寿司をたべない。

たとえば、大衆食堂の「かつお亭」が、こんな事言ったら....。

うちはラーメンもパスタもステーキも寿司もうまいよ。
うどんやカツ丼も、なんでもうまいよ。

ぜひ、かつお亭へ来て下さい。

まさか、よほどのことが無い限り、
この大衆食堂で寿司を注文する人はいないでしょう。

寿司を食べたかったら寿司屋にいきますよね。
高級な寿司屋でなくても、回転ずしくらいには行くでしょう。
大衆食堂の寿司が、うまいと誰が思うでしょうか。

かつお亭の寿しが本当はうまいとしても、振り向いてくれません。


よりハードルを低く

 学生の頃、尊敬する先生から

 「あなたの研究していることをお母さんに説明できますか?」

 と言われたことがあります。

 考えてもいなかったことでしたし、母には必要のないことと思っていました。

 また、単純に専門用語を使わないで説明することと当時は理解していましたが、
 この答えじゃないような気がしていていましたが、そのまま放置していました。
 放置というより、完全に忘れていたというのが、事実かもしれません。

 しかし、何十年も経って、このしつもんが何故か頭を過りました。

 「ホームページの必要性や、作る目的を分かりやすく説明するにはどうしたらいいだろう。」

と、言うしつもんが私の頭を過りました。

 「インターネットに乗り遅れた人を救う」と言いながら本質が抜けていると強く感じるようになりました。
 

ホームページ作成が目的で無いことは最初にいいましたが、
機能がすごいことよりもっと大事なことがあると感じています。

私の伝えるホームページには、マーケッティング機能を簡単に使うことができる新しい考えの仕組みです。

が、それよりも本当に大事なことは何かを常に考えています。
大事なことがあるから。

ホームページを自分で更新できるようになってから、
集客の仕組みも作れるようになるので、
更新できるようになってとマーケティングの仕組みづくりも面白くなります。

目標達成も忘れてはいけませんので、安心して下さい。

そして、あなたのファンを増やす仕組みを実現します。

私にも夢が有ります。
小さなビジネスが世界を変えると信じています。
だから、小さなビジネス・小さなお店を応援することで

子供や若い人達さらにお年寄りが活き活きと暮らせる町になります。

あなたのお店やビジネスに役立つ情報をお届けします。

今すぐ登録しょう!

知識社会:
インターネットへ乗り遅れないために知識社会を生きるための贈り物。これからの時代を生きるための知識と知恵がここに有ります。

Tag: マーケティング ホームページ