変化は当たり前の時代

変化は当たり前の時代を意識する。
変化とは、パラダイムシフトです。

江戸時代以前は100年毎にパラダイムシフトが起きていました。
明治から昭和にかけたは、20年から30年に一度でした。

日進月歩と言われた時代です。

2000年からは10年毎にパラダイムが変わり、今は学校で習ったことが使えない時代に突入しています。

変化は当たり前の時代とは、常識が常識でないと言うことです。
つまり、「それ常識でしょう」が使えない時代になったということです。

変化を嫌うことは、「重要なモノを手放すこと」
重要でないものにいつまでもしがみついていることになります。

そして、一番大切なことは、

「これからどんな時代になるんだろう。」とか、
「どんなことが起きるんだろう。」と心配しないことです。

どんな時代を作るかを決めることができる時代でもあるのです。

これを「意識的選択」と私は言っています。

どんな人間になりたいのか、
今日すべきことは何かそれはなぜか。を意識する。

注意力や注目力を身に着ける。

そのために、学び方を身に着けることが大切です。

誰もが、人と違うことができる時代になったのです。
これをチャンスと捉えることから始めよう。

学び方を学ぶとは、こちらをご覧ください。

画像の説明

コメント


認証コード0033

コメントは管理者の承認後に表示されます。